一番大切なこと

私達人間にとって、お金は確かに大切です。

でも、それが一番大切なものなのでしょうか。

以前、兵隊さんが終戦を知らずにジャングルの中にたった一人で生きておられるのが発見され、保護されたことが大きなニュースになったことがありました。

ご本人はどんなにかお辛かっただろうと思います。

何十年も、一人で過ごされていたなんて、誰にだってできることではありません。

よく生きておられたと感銘を受けたものです。

お金がどれだけあっても、一人きりの世界では無意味です。

一緒に笑い、泣き、怒り、話し合える人がいるのがどれ程幸せなことなのかは、この世に一人取り残されないとわからないことなのかも知れません。

景気がどんなに悪かろうと、人間同士の絆があれば乗り切る方法を一緒に考えることはできるでしょう。

とはいえ悔しいですが、やはりお金がなくては人並みの生活はできません。

現実問題として、自分が掛けてきた年金さえもらえるかどうかわからないというような問題が山積されているように、将来の生活に不安が一杯の我が国です。

そんな今の日本を経済大国だなんて、とても言えませんね。

それを変えることができるかどうかは行政に携わる人の姿勢次第です。

人間として血の通った政治を、是非ともお願いしたいものです。